はしがき

twitterは @wowgggcup

紅の豚 感想と考察

私、紅の豚好きなんですよ。

お前がブタだから共感してんだろ、とか言わないで。

私、豚じゃないから。

まず、私が豚じゃないことから説明する必要があるね。

お前豚じゃないなら一体なんなんだ、ってのがみんなの疑問だろうから、はじめにこたえますね。

 

人間です。

 

嘘つけこんなに堕落したやつが人間なわけないだろう、と思いますよね。

では、始めていきましょう。

 

なかぞのが豚でない3つの理由。

 

①両親が人間

親がね、豚じゃないんですよ。

人間なんです。

人間から生まれる子は人間でしょ?

千と千尋の神隠しは、例外です。

てか、あいつらは魔法のせいで豚になってますから。

元は人間ですから。

あれ、でも、うちの両親が人間だという証拠がないですね。

そういえば聞いたこともないし。

今度聞いときますね。

 

②二足歩行

これが大きい。

豚は二本足じゃ歩けませんからね。

まあ、ちょっと歩いただけで体が悲鳴をあげるから、二足歩行は向いてないのかもしれません。

でも、できます。

できるから人間です。

レッサーパンダだって、たまに二足歩行するだろ。お前はその豚バージョンだろって意見もあるかもしれません。

たしかに。

 

③豚だったらもっと注目されていいはず。

豚が普通に生活してたら、ニュースとかになるでしょ。

みんなもっと注目するでしょ。

喋るんだよ?

歩くんだよ?

スマホ使いこなしてるよ?

これが豚だったらお前らどうかしてるよ。

 

と、いうわけで、紅の豚は自分で見て、自分で楽しんでください。終わり。